和菓子処 興膳屋 - 2010/01






2010年01月31日(Sun)▲ページの先頭へ
ほんのりと春の香りのうぐいす餅

まだまだ寒い日が続いていますが、興膳屋の陳列にはもう春がやって来ています。

和菓子は、本当に季節感のある御菓子ですよね。

興膳屋のうぐいす餅は、ほんのり若草色で鶯の形をしています。

青えんどう豆で作った さらりとした甘さ控えめのうぐいす餡を柔らかいお餅で優しく包んでいます。

一つ一つ手作りなので、「どうやって作ってるんだろ〜?」と、横で見ていると、意外と簡単そう・・・と、思った私は早速チャレンジ!!

・・・が、なかなか思ったようにいかず、なんとも不細工な鶯が・・(まるでドクロ型)

やっぱり職人さんだな〜と、今更ながら納得しました。。


2010年01月30日(Sat)▲ページの先頭へ
こんな丸ボーロ見た事ある?!

興膳屋の一番人気の御菓子は「黒糖丸ボーロ」です。

特徴は、『普通』の丸ボーロではない事。。



「興膳屋の黒糖丸ボーロ」の黒糖は沖縄産の黒砂糖の塊を店主(私の父親ですが・・)打ち出の小槌のようなトンカチでガンガンつぶす作業から始まります。

その横で興膳屋の子供達は黒砂糖をチョットだけつまみ食い・・戦後の子供のように嬉しそうに舐めてます・・・

それを篩にかけて粒と粉にわけます。


最初は粉の黒糖だけを生地に練りこむだけだったのですが、黒糖の粒が余り もったいないので遊び心で表面にばら撒いた所これが美味しかった!!・・・と言うわけで・・
今の「黒丸」が誕生したのです。。


今では遠方のお客様が送って欲しいとか、法事のお茶菓子に、保育園のおやつにも・・

もちろん興膳屋の子供達のお友達も大好き!!

3時の定番おやつです。

値段も74円で安いでしょ!


2010年01月29日(Fri)▲ページの先頭へ
トンカツで喝!!玄米餅で元気100%!
今日は、興膳屋の跡取り長男(小5)と試食係長女(小2)のマラソン大会!

勝負の日の興膳屋の朝ごはんは、もちろんトンカツと玄米餅。。

「げんカツぎ」でも「棚からぼた」でも何でもいいから頑張って欲しい親心・・・

興膳屋の玄米餅は、子供達のお気に入り!


香ばしく焼いて黒糖醤油で頂きます。長女は
きな粉をかけて・・

これできっと1番かな?!





2010年01月28日(Thu)▲ページの先頭へ
興膳屋の苺大福が美味しいわけは・・・

春になると一番に『苺大福はま〜だ?』との声が

鶯より先に聞こえてきます。

(・・そう言えば、今日裏の畑で鶯をちらっ!と・・)

興膳屋の苺大福が美味しいのは・・・

スバリ!新しいからです。

苺は私の友達が嫁いだ地元の石川苺農園から摘みたてを直送。

しかも「あまおう」だから、ホントに甘くて美味しい!!


それから、興膳屋の和菓子職人(旦那ですが・・)が

苺に餡(白あんと黒あん)をつけ ふわっふわっの
御餅で一つ一つ丁寧に包みます。

 
でも、1日限定50個まで・・・

今日もまた夕方興膳屋の子供達を連れて明日の
『苺大福』の「あまおう」を取りに行きます。



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
           

アーカイブ
2010年 (152)
1月 (4)
2月 (25)
3月 (24)
4月 (26)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (11)
2014年 (23)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (7)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
2015年 (22)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (4)
8月 (1)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (1)
12月 (2)
2016年 (21)
1月 (1)
2月 (4)
4月 (3)
6月 (1)
8月 (7)
9月 (4)
10月 (1)
2017年 (10)
1月 (1)
5月 (1)
6月 (5)
8月 (2)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:72
昨日:353
累計:455,732