生菓子価格






2014年07月09日(Wed)▲ページの先頭へ
興膳屋の和菓子価格ご案内

興膳屋は毎朝8時開店です。

毎日 出来立ての和菓子をご用意してます。

昔ながらの素朴なお菓子(税込価格)

きなこ餅    80円 

あんこ餅     80円


黒豆大福   108円


よもぎ饅頭   80円


黒糖饅頭     80円


粒あん饅頭   80円


みたらし団子 100円

春のお菓子


桜餅     95円


いちご大福  145円


うぐいす餅  108円


柏餅     95円
ちまき五本  760円
がめの葉饅頭  95円

夏のお菓子

本葛使用の葛まんじゅう
マンゴー  (果肉入り)
ブルーベリー(果肉入り)
黒砂糖   (白餡入り)
こしあん  (黒餡入り)
抹茶   (大納言入り)
   各1個   120円

和風ゼリー(抹茶・きな粉&練乳)


笹餅(よもぎ入りこし餡) 110円



わらび餅1パック    280円


冷やしみたらし団子1p 165円


秋のお菓子


くるみ餅     108円 

あんこ餅      80円

おはぎ       90円

(こし餡・つぶ餡・ゴマ餡・きな粉) 

お祝いやお茶の席に最適

栗入り上用饅頭

白あん   140円
黒あん    
あわゆき大福
白あん   108円
黒あん       
季節の生菓子   130円 
練り切り(生菓子) 160円
箱入詰め合わせできます。



2010年06月21日(Mon)▲ページの先頭へ
「みたらし団子」  興膳屋
昨日は一日雨・雨・雨・・・
・・・にもかかわらず、先日おじいちゃんに買ってもらった花火をしたくてたまらない興膳屋の末っ子ま〜君。
朝から「花火していい?」の連発。
「夜にならんと花火が見えないから楽しくないよ。」と、言う私の助言も聞かず
「見えんかどうかは、やってみらんと分からんやん!」と・・。
結局雨降りの昼下がりにベランダで花火をしました。
今年初めての花火。
案の定 煙だけで花火の美しさは堪能出来ませんでしたが、子供達は、大満足!!
今度は、夏の晴れた夜空の元でしたいです。^^

・・・只今、興膳屋では、砂糖醤油のいい香りが漂ってます。
みたらし団子」のたれの香りです。
職人さんが銅鍋でグツグツと練り上げた自家製のたれは、甘辛味で美味しいですよ。


興膳屋のみたらし団子は、粒が大きいので1本で充分食べ応えあり!


1本 100円で店頭に出してます。^^


2010年06月16日(Wed)▲ページの先頭へ
今日は「和菓子の日」  興膳屋
6月16日は和菓子の日ってご存知ですか?
それは承和15年(848年)のことです。国内に疫病が蔓延したことから、仁明天皇が6月16日に御菓子や餅を神前に供え疫病の退散を祈願して、元号を『嘉祥・かじょう』と改めた事にはじまると伝えられています。


興膳屋の定番「よもぎたっぷりきな粉餅」76円

「嘉祥の祝」は後醍醐天皇の御代から室町時代へと受け継がれてきましたが、江戸時代になると「健康と招福」を願う行事として、この日に嘉定通宝16枚で菓子を求めて食べる風習が庶民の間にも広がり「嘉定喰」といわれ欠かせない年中行事となりました。


興膳屋の「黒糖饅頭」76円

興膳屋の「よもぎ饅頭」76円

興膳屋の「粒饅頭」特製粒餡が美味しい!76円

その「嘉祥の祝」を現代によみがえらせたのが「和菓子の日」です。
「和菓子の日」には、健康と招福を願って和菓子をお召し上がりいただくと共に、大切な方々の健康を祈って和菓子を贈りましょう。

一粒が大きくて食べ応えありの「みたらし団子」100円


2010年05月24日(Mon)▲ページの先頭へ
ふっわふっわ〜のあわゆき大福  興膳屋
今日は興膳屋の『あわゆき大福』のご紹介です。
このあわゆき大福は、メレンゲ状にした卵白を、お餅に混ぜ合わせた御菓子。
名前の通り「泡雪」のように口の中です〜っと溶けていく感じです。

卵白の泡を壊さないように混ぜ合わせた真っ白なお餅は、ふわっふわっ・・

一つ一つ手作業で行います。

餡は、白いお餅には黒餡

ピンクのお餅には白餡が入ります。


紅白なので、結納やお誕生などのお祝い事に最適です。
1個 105円とお手頃価格ですよ^^



2010年05月01日(Sat)▲ページの先頭へ
新茶と和菓子 興膳屋
私の人生の師匠。
その方はとっても素敵な人で、遊び心があってチョッピリ粋で
いつも人生明るく楽しく生きている
それでいて周りに目配り気配りが出来て
人を喜ばせるタイミングが上手い!!

今その方から郵便で八女の新茶を頂きました。
ゴールデンウィークに入り子供達が勢ぞろい・・
御飯の用意に洗濯掃除、後片付け・・
している途中でもう玩具や漫画本が・・
「いいかげんにして!」と
噴火寸前の私の心を『新茶』が鎮火してくれました。


ちょっと一息ついて又ガンバロ・・

お茶にはやっぱり興膳屋の『和菓子』
昔ながらの定番饅頭はいかがですか?


興膳屋特製粒あん入り「やぶれ饅頭」

黒砂糖を使った『黒糖饅頭』

さらりとしたこし餡いり『よもぎ饅頭』



2010年04月07日(Wed)▲ページの先頭へ
興膳屋のよもぎ餅
昨日子供とお散歩していると
道端の雑草と一緒によもぎが生えていました。
鮮やかな緑色に逞しい生命力を感じます。

よもぎは邪気を祓う野草とも言われているそうです。
私が小さい時 転んですり傷をつくると
ばあちゃんが、よもぎを揉んで傷口に
はっ付けてくれた事を思い出しました。

又、ばあちゃんとよもぎ摘みに行き
高いブロック塀の上を歩いていて足を踏み外し
転げ落ちて大怪我をした事も・・・
さすがにその時は、病院行きでした!(笑)

そんな春の野草を使った御菓子が
興膳屋の定番和菓子

きな粉餅
よもぎの香りあふれる団子生地の中に
たっぷりの黒あん入り
香ばしいきな粉を振りかけた
昔ながらの懐かしい美味しさです。


こちらは『よもぎ饅頭
ふっくら饅頭の中にはこし餡入り
1口よりちょっと大きめサイズです。


2010年04月05日(Mon)▲ページの先頭へ
柏餅始めました!! 興膳屋
お雛様を片付けたら次は兜!


長男の初節句のお祝いに頂いた物。
10年たった今も変わらずキレイです!
(私もそうありたい・・)


今年は寅年なので、虎の置物をお供につけて・・

実はこの虎
久しぶりにお目見えなんです。
真っ赤な口で歯をむき出しにして
首を振っているので、小さい子供には
とてつもなく怖いらしく
特に臆病者の長男は虎と目が合う度に
震え上がってビービー泣くので
ずっと押入れに封印。

その子も 今日から6年生!
まさか 泣く事は無いでしょう・・(笑)

・・で5月の節句に付き物の和菓子は

柏餅
柏の葉の香りがお団子にほんのり付いて
美味しいですよ。
中には自家製の餡子がたっぷり入っています。
初日とあって本日完売です!!(^^)V





2010年03月23日(Tue)▲ページの先頭へ
『山吹』ってこんな生菓子です 興膳屋
昨日のブログにコメント戴いた松木さん!
有難うございました!

「苺大福」ご主人様に食べられちゃったんですね〜
残念!!

みたらし団子もお買い上げでしたね。

興膳屋のみたらし団子は1粒が大きいから
食べ応えあるでしょ!
しかも 醤油たれは職人さんの手作りです。

でも
1粒だけ・・とは寂しいかな?!
今度は3兄弟で食べれるといいですね。

松木さんおすすめの生菓子『山吹』はこちら

さつま芋を裏ごしいて生地に煉りこみ
栗の甘露煮を細かく砕き混ぜ合わせ
せいろで蒸した生菓子。
芋・栗好きの私もお気に入りです。

松木さん!
又 お店に寄ってくださいね。(^^)


2010年03月22日(Mon)▲ページの先頭へ
真っ赤な苺の『苺大福』 興膳屋
昨日お店にママ友の松木さんがご来店。。
いつも楽しそうにニコニコ笑顔の松木さん。
興膳屋のお得意さんです。

「ブログに載せようと思って!」と
苺大福をお買い上げでした。

苺大福といえば
以前ご近所の「のどみ」さんのブログにも登場!!
人気者です。

その美味しさの決め手は『』。。

毎日苺は農園まで車を走らせて取りに行きます。
だから新鮮!!

もし・・
苺大福の苺が古いと炭酸漬け??と思うくらい
口の中がシュワシュワ〜となります。

これは、苺が発酵するためです。
まぁ〜これも又違う味で・・・

興膳屋の苺大福がどんな評価を受けているか
ドキドキしながら
松木さんのブログを探してみようっと・・



2010年03月21日(Sun)▲ページの先頭へ
春の香り きな粉草餅  興膳屋
今日は風は強いものの良い天気です。
子供たちは興膳屋の裏にある畑に
私の大事なデジカメを無造作に持って
『春を探してくる!』と出掛けました。

何を撮って来たのやら・・
50枚以上撮影・・
しかも 半分以上はピンボケ・・

デジカメじゃなかったら
かなり「もったいな〜い!!」と
絶叫していたでしょう。

でも、その中に春はありました。

バタバタと毎日過ごしている私には
見えなかったもの。
小2の娘は子供目線で春を
見つけてきてました!


草の間に見え隠れするちっちゃな
「すずらん」かわいいですね。


苺の花??って言ってましたが・・


満開の菜の花・・

畑って植えなくても勝手にいろんな花が
咲くんですよね。

お花好きの娘はそれらの花々を摘み
ブーケを作って私にプレゼントしてくれるんです。
『ママ!いつもありがとう!』って・・
そんな事言われると、
(さっきあんなに叱らなきゃよかったな・・)
なんて反省します・・

春の香りと言えばよもぎの入った
きなこ餅」も興膳屋人気の御菓子。

自家製あんがたっぷり。
香ばしいきな粉の風味で美味しさアップ!


よもぎ饅頭も美味しいですよ!
中にはこし餡が入ってます。






2010年03月20日(Sat)▲ページの先頭へ
桜咲いてました  興膳屋
今朝6時半から野球の試合に行く
小5の息子を送ってきました。
外に出るともわ〜んとした
生暖かな風が吹いてましたよ。

おかげで朝干した洗濯物が中に舞い
隣の駐車場に飛んでいってしまってました。
又やり直しです・・

・・・で通り道
興膳屋から車で10分ほどにある
甘木の桜の名所『丸山公園』の桜も
ちらほら咲き始めていました。

お花見シーズンになると沢山の人・人・人・・
近くだからいつでも行けると思い
気が付いたらすでに葉桜になっていたり・・

今年こそは子供を連れてお花見に行きたいです。

明日はお彼岸のお中日です。
興膳屋では『おはぎ』をご用意して
お待ちしてます!!
黒ごま餡いり『ごま』

漉し餡入り『きなこ』

『こしあん』

『粒あん』




2010年03月19日(Fri)▲ページの先頭へ
卒業・卒園のお祝いに・・ 興膳屋
昨日は地元の甘木小学校の卒業式でした。
5年生の長男は在校生代表で出席。
卒業式が終わって帰ってきた時には
声が出ないくらい嗄れていました。
「送る言葉ちゃんと言えたよ!」と
嬉しそうな顔の長男。
さぞ 長文を披露したのだろうと思い
「何て言ったの?」と、尋ねてみました。

すると
「6年生のみなさん!」

えっ!それだけ・・と内心思いましたが
「大事な所やったね〜」と絶賛!
でも、
別れの歌や校歌など体を前後に揺らしながら
一生懸命歌っているその情景を
思い浮かべるだけで涙が・・
最近涙もろいんですよね〜
年でしょうかね・・

子供がこれだけ成長してるのだから
あたりまえかな〜(笑)

・・で
今日は卒園式のお祝いに喜ばれる
生菓子のご紹介です。

明日卒園式がある福岡の松崎保育園さんは
毎年卒園児さんに生菓子を卒園祝と
贈られています。

興膳屋の生菓子は1つ1つ手作り。
また、保存料などの添加物は使用してません。
お子様にも安心して食べて頂けますよ(^^)








2010年03月18日(Thu)▲ページの先頭へ
今日はお彼岸入りです。 興膳屋のおはぎ
今日はお彼岸入り。

春は「ぼたもち」
秋は「おはぎ」と使い分けるようですが、
興膳屋では『おはぎ』で通してます。

興膳屋の『おはぎ』は4種類あります。
餡は全て自家製なので美味しいです!


一番人気なのは『粒あん』です。
たっぷりあんこで食べ応えあり!


続いて『こし餡』
さらりとした餡で小豆の皮が口に残るのが
苦手な方におすすめです。


香ばしいきな粉をまぶした『きなこ』は
子供たちに人気!
中には、こし餡が入ってます。


これは『ごま』のおはぎです。
中の餡子は黒ごまペーストを練りこんだ
『黒ごま餡』になってます。

朝8時から開店の興膳屋は
早くからお客様が「おはぎ」を求めて
ご来店されてます。

お地蔵様も仏様も大喜びされてる事でしょう!




2010年03月17日(Wed)▲ページの先頭へ
『桜』咲いてます! 興膳屋
先日福岡で桜の開花宣言がありました。
いつもより若干早い気がします。

急に暖かくなったり
・・かと思えば、雪が降ったり・・
桜も「咲くべきか・・」迷うでしょうね。


興膳屋の桜と言えば「桜餅
塩漬けされた桜葉の香りが春を感じさせて
くれます。


青えんどう豆で作ったうぐいす餡を
柔らかな求肥で包んだ
うぐいす餅」も春の御菓子。


又 先日春の練切り菓子「さくら」が
店頭に並びました。

黒こし餡を白とピンクの練切りで包み
桜の形に仕上げました。

一つ一つ手作りなので大量生産は出来ません。
でも、職人さんが丹精込めて作っています。

結納やお茶会の席などに喜ばれています。
1個 126円



2010年03月13日(Sat)▲ページの先頭へ
甘木銘菓『はごろも』 興膳屋
今日は『はごろも』のご紹介です。

「はごろも」は興膳屋自慢の粒餡をはさんだ御菓子です。


小豆の粒を壊さないように
でも ふっくら柔らか〜に
練り上げました!

 
これは 手焼きの卵せんべいです。
薄いパリパリの煎餅なの割れやすい。
挟む時にちょっと力を入れすぎると
パリッ・・・
残念ながら使えません・・
でも、ほんのり甘いこのおせんべい。
興膳屋の子供たちはおやつ代わりに
喜んで食べてます。
「たまには、丸い方を食べたい!」と
訴えますが・・
割れても丸でも味は変わらないので
却下!です。


粒餡を挟む事によって餡の蜜が出て
パリパリの卵煎餅がしっとり柔らかになります。



賞味期限は5日間
1個 84円



2010年03月08日(Mon)▲ページの先頭へ
黒豆大福で美肌になるなら嬉しい! 興膳屋
日曜日の午後は子供達と一緒に
近くの図書館に出掛けます。

子供達が本を探している間に
私ものんびり閲覧・・

・・で、その時目に留まった本が
「食べてキレイになる!美肌レシピ」

この年になると美肌って言葉に敏感に・・
早速借りてきました。

「体はすべて食べ物から出来ている。」なら
いいものを体に取り入れたいですよね。

その中に、黒豆の美肌効果。
黒豆には、イソフラボンとアントシアニンが
含まれていて、そのポリフェノールに
強力な抗酸化力があるとの事。

体内の余分な水分も排出し、むくみを防ぐ効能や
血液の循環を良くしたりと、いいこと尽くめ。

小豆にも解毒作用があるんですよ。
女性には特に嬉しいですね。

・・と分かっていても、正月しか食卓にあがらない我が家・・

でも、興膳屋にありました!

黒豆大福

興膳屋の黒豆大福は
ほんのり甘塩の北海道産黒豆を使用。
柔らかいお餅に黒豆がごろごろ入っています。

自家製の粒餡がたっぷり包まれた大福は食べ応えあり!

美味しくて綺麗になれるなんて嬉しいと思いませんか?

今日も朝から店頭に並んでま〜す。(^^)
1個 105円


2010年03月07日(Sun)▲ページの先頭へ
手作りのうぐいす餅  興膳屋
今朝 洗濯物を干していると
どこかで うぐいすの声が聞こえました。

・・と言っても 練習中らしく
「ホ〜ケホ〜ケケケッ・・・」みたいな・・
変な鳴き声で笑ってしまいました。

春には「ホ〜ホケキョ!」と鳴く鶯の声を楽しみにしてます。

・・・で、今日は興膳屋の『うぐいす餅』


これは うぐいす餡です。
材料は、青えんどう豆。
さらりとしたこし餡で 甘さも控えめ。


これは 餡を包む求肥です。
ぽわ〜んと柔らかいこのお餅だけでも美味しいですよ!


まず まん丸にします。


それを 一つ一つ形付けていきます。
簡単そうに見えますが、結構「うぐいす」らしくするには難しいんです。
私の作ったのは、一つ目で却下・・
やっぱり私は、試食係・・


仕事をしているパパの絵。
なんでパンチパーマ?!(笑)

横にいたお姉ちゃんも『撮って!』とアピール。


うぐいすの大群!!


青えんどう豆の粉で化粧して出来上がりです。
1個 105円



2010年03月06日(Sat)▲ページの先頭へ
みんな大好き!みたらし団子 興膳屋
「興膳屋のみたらし団子は大きい!!」のが特徴。

だから1本でも食べ応えあり!
今日は、みたらし団子が出来るまでをご紹介致します。


団子の材料は米粉と砂糖。至ってシンプル。
杵付き臼でドスン!ドスン!と捏ねていきます。


団子を細長〜く伸ばして

団子きりでゴロゴロ〜
一回一回力を込めて・・


すると、こんなにコロコロ団子になるんです。


ころころ団子を三兄弟に!


こんがり鉄板で焼き上げます。


自家製の醤油だれをたっぷりつけて・・


美味しい『みたらし団子』の出来上がりです!(^^)
1本 95円



2010年02月20日(Sat)▲ページの先頭へ
春はもうすぐ桜餅 興膳屋
今日は朝から気持ちの良いお天気!

興膳屋の長男は野球の練習に出掛け、
末っ子ま〜君は九甘堂さんの前にある保育園に
元気に走っていきました。
小2の娘は自分の上靴を鼻歌交じりで洗ってます。

・・こんな春日和には、やっぱり『桜餅』

桜餅にはもち米で作る関西風と
小麦粉の焼き皮を使う関東風があります。

興膳屋の桜餅は関西風。

桜餅を買うお客様に良く聞かれるのは
「桜の葉は食べるんですか?」

私は一緒に食べる方を、おすすめします。
塩漬けしている桜の葉は独特のさわやかな香りがして
美味しいですよ。

後は、食べる人のお好みです。(^^)


お餅の中には甘さを抑えたこし餡入り

1つ1つ桜の葉で包んでいきます。
これで興膳屋の陳列に花が咲きます!
1個 84円







2010年02月15日(Mon)▲ページの先頭へ
義理チョコでも大丈夫よ! 興膳屋
興膳屋の小5の長男に毎年とっても可愛い女の子がチョコを持って来てくれます。

いつも手作りチョコで、秘密のメッセージ付き!

それをにんまりしながら嗜んで食べる長男。

「美味すぎて倒れそう・・」と呟きながら・・


でも、今年は何か違う・・

・・と言うのも、弟の分まであったんです。

しかも同じ大きさ、同じ箱。

弟大喜び!!お兄ちゃん複雑な心境・・

(義理チョコやん!)

それでも「美味しい!」と絶賛しながら食べてました。

お兄ちゃん!めげないでねぇ〜(笑)

・・・で今日のおすすめ興膳屋の和菓子は


『黒糖饅頭』

黒砂糖のほのかな香り漂う素朴なお饅頭。

昔懐かしさがよみがえりませんか?!


2010年02月11日(Thu)▲ページの先頭へ
雨の日って何します? 興膳屋
今日は朝から雨・・・

おまけに祝日で学校が休み・・

エネルギッシュな興膳屋の子供達は外で遊べず退屈でしょうがない・・

そうだ!!

今日はクッキーを作ろう!

・・・なんて思ったりもするんだけど

どうやるんだか・・さっぱり見当つかない・・

私は興膳屋の試食係なので・・

とりあえず

撮り置きしていた『ポニョ』でも見て考えよう!

子供たちの大好きな『きな粉餅』でも食べながら・・

よもぎがたっぷり入った興膳屋の定番和菓子。

国産きな粉の風味が美味しさの決め手!

1個 74円




2010年02月10日(Wed)▲ページの先頭へ
あ〜〜やってしまった!  興膳屋
先ほどヤマダ電機に買い物に行きました。

普段は自転車をシャンシャンこいで出かけるのですがさすがに雨の日は車。

用事を済ませ車に乗ろうとドアを開けようとしても開かない・・

キーレスエンジンなのでドアの前で近寄ったり離れたり・・

それでもダメ。

又ドアをガチャガチャ!!


その時めっちゃ不機嫌な顔をした女性が横に・・


「えっ!!」

中を覗くと見知らぬものばかり・・

ふっと 振り返ると私の車がすまして止まっているではありませんか!
(なんで呼んでくれないの〜)

「ホントにすみませ〜ん。」

私は逃げるように車に乗り込みました。

・・・でこんな時におすすめの興膳屋の和菓子は


「やぶれ饅頭」

自家製の粒あんがぎっしり入って餡子好きにはたまりません。

でも今の私は「やぶれ」があったら入りたい・・・

そ〜んな心境です。



逆上がりのコツを教えて欲しい・・・ 興膳屋
興膳屋の5歳の息子が今夢中になっているのが「逆上がり」です。

室内用の鉄棒で朝から奮闘中!!

・・・でも、なかなか上手く回れません・・

鉄棒にしがみつく息子が何とか出来るようになってほしいと思い

「ママのお手本を見てなさ〜い」と自信満々で一言。

「えい!!」と掛け声は良かったんだけど・・

おしりが・・上がらない!

冗談みたいだけどホントに出来ない・・

だだ笑うしかない私。。

息子よ!自力で頑張ってくれ〜!

・・・で今日の興膳屋おすすめ和菓子は・・

『みたらし団子』

自家製の醤油だれが大き目の団子に絡み合っているのが美味しさの決め手!

鉄棒も団子も絡みがポイントですね(^^)V

1個 95円





2010年02月07日(Sun)▲ページの先頭へ
凍ってました・・洗濯物が!!興膳屋
今朝はとっても冷え込みましたね。

でも私は興膳屋の子供たちを起こす朝6時に洗濯物を干します。

夏の6時は清々しくて気持ちが良いのですが、冬はホントに寒い・・

今朝なんかあまりの寒さで干した洗濯物がパリパリに!

もちろん子供達は布団に包まって出てこない・・・

ふっと・・「なんでこんなに早く洗濯物干してんだろう・・」と、考えてしまいました。

でも明日もきっと6時に干すんだろうなあ〜(笑)

・・・で今日の興膳屋のおすすめ和菓子は・・

「興膳屋のくるみ餅」

ほのかなシナモンの香りの柔らかいお餅で香ばしいクルミとこし餡を包みました。

シナモンは体が温まる作用があるで、寒い日にはピッタリですよ(^^)

1個 84円



2010年02月06日(Sat)▲ページの先頭へ
子供と一緒にレスキューファイヤーダンス!
土曜日の朝は、興膳屋の子供達が楽しみに見ている『レスキューファイヤー』の日。

こども番組と思いきや結構面白い!

おまけに最後の歌はヒロミチお兄さんの体操付きで子供と一緒に体を動かすと元気が出てきてパワーアップ!

今日もお天気だし いい事ありそう・・・と思ったりして。。


こ〜んな日のおすすめ和菓子は・・


『浮島』

うぐいす豆いりの羊羹とふんわり柔らかい蒸し菓子のコラボレーション。

一口食べれば心ウキウキ・・かな?!(^^)


2010年02月04日(Thu)▲ページの先頭へ
興膳屋のあわゆき大福


今日は『あわゆき大福』のご紹介します。

この御菓子は、卵をあわ立てて作った名前の通り「あわゆき」のごとく
口の中で す〜と とけていく食感です。

黒あんと白あんの2種類あり、どちらも甘さ控えめなこし餡です。

冷凍保存が可能なので地方発送も致します。

1個 105円


2010年02月03日(Wed)▲ページの先頭へ
興膳屋の黒豆大福
今日は節分ですね。

我が家の鬼役はもちろんパパ!!

子供たちは鬼を怖がるどころか ココゾとばかりに、豆を投げつけます・・。

特に長男は野球少年!

豆が物凄い勢いで鬼の顔面を直撃!!

いつの間にか親子喧嘩になる事も・・・

今年も1年無事に過ごせますように・・・

・・・と言う事で


豆にちなんで興膳屋の黒豆大福のご紹介

北海道産の黒豆をほんのり甘塩で味付けし柔らかいお餅に練り込みました。

中には自家製の粒あんがぎっしり!!

とても食べ応えのある大福です。


値段は 1個 105円


2010年01月31日(Sun)▲ページの先頭へ
ほんのりと春の香りのうぐいす餅

まだまだ寒い日が続いていますが、興膳屋の陳列にはもう春がやって来ています。

和菓子は、本当に季節感のある御菓子ですよね。

興膳屋のうぐいす餅は、ほんのり若草色で鶯の形をしています。

青えんどう豆で作った さらりとした甘さ控えめのうぐいす餡を柔らかいお餅で優しく包んでいます。

一つ一つ手作りなので、「どうやって作ってるんだろ〜?」と、横で見ていると、意外と簡単そう・・・と、思った私は早速チャレンジ!!

・・・が、なかなか思ったようにいかず、なんとも不細工な鶯が・・(まるでドクロ型)

やっぱり職人さんだな〜と、今更ながら納得しました。。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年10月
23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2010年 (152)
1月 (4)
2月 (25)
3月 (24)
4月 (26)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (11)
2014年 (23)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (7)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
2015年 (22)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (4)
8月 (1)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (1)
12月 (2)
2016年 (21)
1月 (1)
2月 (4)
4月 (3)
6月 (1)
8月 (7)
9月 (4)
10月 (1)
2017年 (10)
1月 (1)
5月 (1)
6月 (5)
8月 (2)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:72
昨日:353
累計:455,732